買取本舗

amazonギフト券の買取サイトで最も買取られているEメールタイプとは?

Eメールタイプとは

amazonギフト券の買取サイトは各種様々に存在していますが、中でも買取件数が多いのはEメールタイプのものであることはご存知でしょうか。

Eメールタイプはクレジットカードを持っていれば手軽に行えて、また他の方法よりも比較的還元率が高いことが特徴です。

そんなEメールタイプのギフト券の購入方法と、波紋を呼んだ携帯決済でのギフト券販売中止についての解説をしていきます。

そもそもEメールタイプはどのようなギフト券?

Eメールタイプとは

ギフト券と一口にいってもその形状は様々あります。

「券」という名前から紙幣のような紙のもの、コンビニなどで購入できるカード型のもの、そして今回解説するEメールなどコード番号データのみのものなどがあり、買取業者によっては一部の形態では取扱いをしていないこともあります。

そんな中、Eメールタイプはコード番号が本体であり紙やカードといった実物が存在せず、メール経由でどこにでも簡単に送れるのが特徴で、プレゼントとして贈るのも簡単でオススメされています。

買取業者としてもゴミなどが出ず、手間もそこまで掛からないので買取件数が多く、また還元率も良いのかもしれません。

実際に購入して換金する方法

購入して換金する方法
  1. クレジットカードもしくはプリペイドカードを用意
  2. amazonにログイン
  3. メニューのアカウントサービスから支払い方法の追加
  4. Eメールタイプ購入画面で注文
  5. 受信後、買取サイトや売買サイトで売却

クレジットカードの限度額を現金として手元に出すために、まずは使用可能なクレジットカードを用意しておきましょう。

チャージされたプリペイドカードでも購入は可能です。

amazonにログインをし、メニューからアカウントサービスのページを開きます。

お支払方法の設定という項目まで進み、クレジットカードの追加ページからカード情報を間違えないように記入します。

これで準備は整いましたので、Eメールタイプのギフト券購入に移りましょう。

amazonのサイトでは商品検索をかけられるので、Eメールタイプ、ギフト券などのキーワードを入力して手早く目的のギフト券を見つけることできます。

金額は安くて千円、高くて五十万の間から選べます。

購入手続きを進めていく際には贈り相手へのメッセージや写真を設定したり、送信日の指定を行えるので、誰かに送る場合はそれらをしっかり記入してプレゼントするといいでしょう。

しかし今回は換金する方法なので、贈り先へのメッセージなどはしなくても大丈夫です。

決済方法でクレジットカードを選択し、滞りなく決済できれば、Eメールでギフト券が贈り先のアドレスに届きます。

メール本文の中にギフト券の番号が書かれていますので、ギフト券の送り先はしっかり買取業者のアドレスを記入するようにしましょう。

送られたコード番号に問題がなければ、あらかじめ指定している銀行の口座に買取業者から現金が振り込まれるはずです。

Amazonギフト券買取サイト一覧

クレジットカードでAmazonギフト券を購入するときの注意点6つのこと

2017.11.07

amazonギフト券の購入は携帯決済ができなくなった?

携帯決済ができなくなった
今まで、携帯決済を利用して現金化を行っていた人も多いとは思いますが、2017年の9月25日以降、amazonギフト券をPINCOMで購入できなくなってしまいました。

また2017年11月01日からアマゾンでamazonギフト券を携帯決済で購入することができなくなりました。

携帯キャリア決済を利用していた方々は、以後どうやってお金を工面するか悩んでいませんか。

スマートフォンさえあれば手軽に現金化が行えただけあって、かなりショックを受けた方もいるかもしれませんが、今回解説したEメールタイプのギフト券購入の方法であれば手軽で早めに換金を行えるでしょう。

ちなみにプリペイドカードに携帯キャリア決済でチャージするとそのプリペイドカードでamazonギフト券を購入することができます。

携帯キャリア決済でAmazonギフト券を購入する方法3つのパターン

2017.11.10

特に影響を受けたであろうauユーザーには、取れる手段の一つとしても換金率、速さ、手軽さなど、どれを取ってもほかの方法に引けをとりません。

ギフト券の換金については犯罪に使われるケースもあり、またこの現金化をやりすぎれば徐々に自分の首を絞める結果になってしまう場合もあります。

そういった懸念から携帯決済での販売が停止されてしまったのでしょうが、しっかりと自己管理ができていれば現金の形でできるだけ早く手元にお金を用意できる手段です。

実際には還元率などの影響から、少なからず損をしているので、無理のない範囲で賢く利用していきましょう。

Eメールタイプを換金する時のポイント

Eメールタイプを換金
Eメールタイプのギフト券にも、コードが有効である期限が設けられています。

送信してから10年間は有効ですが、その間に業者に引き渡せなかったり、メールアドレスの打ち間違いなどで届けられなかった場合はコード番号が無効になってしまいます。

またメールアドレスを打ち間違えてしまい、送るつもりのない相手に送ってしまった結果メールを開封し使われてしまう可能性もあります。

もし買取業者ではない人に送ってしまった場合、丁寧に謝罪しつつ買取業者のアドレスにしっかり送りなおすようにしましょう。

ギフト券が使用されたかどうかは通知が届きますので、もし間違えて送ってしまった場合はそれが届いてしまう前に訂正を済ませるのがベターです。

また、買取業者そのものにも注意を払いましょう。

Eメールタイプのギフト券を積極的に買い取ってくれる業者の中には詐欺を行う業者も多く、またネットのみでの営業ということも少なくないため被害にあった際にすぐ逃げられてしまうこともあります。

指定アドレスにしっかりコードを送ったのに振り込みがされない、ギフトコードを使用した通知が来てもまだ確認作業と言われて相手をされないなどの被害にあう前に、しっかりと業者は慎重になって選んでおく方がいいです。

amazonギフト券の買取サイトを選ぶ時に注意したい6つのポイント

2017.11.09


必読!amazonギフト券換金方法【初心者ガイド】


amazonギフト券換金方法

初めてamazonギフト券を換金するなら読んでおきたい初心者ガイド

サイト選び、換金方法はこちら




amazonギフト券をすぐに買取してくれるサイト9選と4つのスピード買取テクニック【即日買取ランキング】


amazonギフト券をすぐに買取

即日買取ランキングから業者を探せる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください