買取本舗

amazonギフト券の買取サイトを選ぶ時に注意したい6つのポイント

アマゾンギフト券買取サイトの選び方注意点

amazonギフト券の買取サイトを選ぶ時に注意したい6つのポイントをわかりやすくご紹介するその前に。

買取サイトに求める条件は?

「買取率の高さ」とお答えする方は大変多くいらっしゃると思いますが、実はそこばかり気にしすぎていると危険ですよ!

近年amazonギフト券の買取を行う業者が増えてきていますのでどのamazonギフト券買取業者で換金するべきか迷ってしまいますから買取率で探すのももちろん悪いことではありません。

しかし、残念なことに買取業者を装った詐欺グループなどもごく少数ですが存在するのは事実です。高い買取率を餌に振込をしないでギフト券が盗まれる事件も発生しています。

そこで今回は、詐欺業者を利用しない方法やより買取率を高める方法として、amazonギフト券を換金する際の買取サイト・買取業者の選び方について以下の項目をご紹介していきます。

  1. 詐欺業者に注意
  2. 買取手数料もチェック
  3. 振込スピードは
  4. 運営元は法人?個人?
  5. 個人情報保護は大丈夫か
  6. 口コミも調べる

こちらを参考にして業者選びをすれば初めての方でもトラブルにならないamazonギフト券の換金がスムーズに行うことができるでしょう。

同時に優良サイトについてもご紹介させていただきますのでぜひ参考にしてみて下さい。

詐欺業者には注意が必要!

詐欺業者には注意
amazonギフト券の買取業者が増える中で、詐欺業者も横行しています。

高買取率を表記しておきながら、実際はかなり低い買取率で買い取ってしまう業者です。

中には買取代金を一切支払わない業者もいるようです。

こうした詐欺業者を選ばないことが、業者や買取サイトを選ぶポイントとも言えるでしょう。

では、詐欺業者かそうでないかを見極めるためにはどんなところに注意すれば良いのでしょうか?

見極めるポイントとしては、やはり買取率をチェックするという点です。

買取業者は出来るだけ高い買取率を見せるようにしています。

そのため、買取率があまりにも高いところは詐欺業者の可能性が高いのです。

基本的に、買取率の相場としては80~90%が目安となります。

80~90%の買取率であれば詐欺業者である確率は低いと言えるでしょう。

また全てが当てはまるわけではありませんがネット検索した際の検索結果と一緒に表示される小さく「広告」と表示されているサイトには気をつけましょう。

一時期詐欺業者が広告を多く出していて被害に合われた方がとても多くいました。

その特徴は有名買取サイトの名前と非常に酷似させ本家サイトと誤認させてギフト券を搾取する手口でした。

サイト選びをする際はamazonギフト券換金情報サイトで精査された買取業者をオススメします。

沢山のアマゾンギフト券換金サイトが一度に分かる業者一覧はこちら

買取手数料もチェックしよう

買取手数料もチェック
買取サイトでは買取を行う際にかかる振込手数料が必要となるケースがあります。

手数料がかかるということは、その分買取金額も少なくなるということです。

例えば「高買取率90%!」と表記されたサイトで5000円のamazonギフト券を買い取ってもらう場合、90%なので4500円の買取額が付くかと思いきや、手数料500円がかかってしまい最終的に4000円の買取額になってしまいます。

手数料も含めると買取金額も変わってきてしまうので手数料には気を付けなくてはなりません。

ただし、買取サイトによっては手数料がゼロ円で利用できるところもありますので、できるだけ選ぶようにすると希望通りの金額で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

振込スピードは早い方がいい!

振込スピードの早さ
なるべく早めにお金が欲しい…そんな時にamazonギフト券の買取で気になることと言えば、振込までにかかるスピードです。

ブランド品等の買取サイトと比較すると、商品数が少なく査定しやすいので通常であれば3日~1週間程度振込までにかかってしまうのが、amazonギフト券の買取業者なら当日査定・当日振込も十分可能となります。

そのため、急いでお金を作りたいという人は当日査定・当日振込が可能な業者を選ぶと良いでしょう。

ただし、休日には営業時間外や休日は翌営業日となってしまうので気を付けましょう。

買取業者の中には24時間・年中無休で営業しているところもあります。

もし、夜遅くに買い取ってほしいという場合は24時間・年中無休の業者を利用してみてください。

あわせて振込先の銀行口座は24時間対応のゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行は多くの買取サイトが対応可能ですので15時以降や休日のご利用の際は重宝されます。

24時間対応の銀行が多い買取サイトは買取ボブ!

買取ボブの即日振込可能銀行口座
大手買取サイト買取ボブは業界で最も24時間対応口座が多い業者になります。さすがは大手サイトと言う対応の良さです。

  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • スルガ銀行
  • りそな銀行

もし上記の銀行口座をお持ちなら即日振込はもちろん業界最大手の高価買取査定で納得のamazonギフト券の換金は間違いないでしょう。

買取ボブの振込時間と買取率

※振込時間は都度変更します

公式サイトに毎回只今の振込時間として振込スピードもしっかり記載があるので安心して利用ができます。

公式サイト⇒アマゾンギフト券買取!振込みスピード最速のボブにおまかせ!

法人が運営しているか、個人が運営しているのかもチェック!

amazonギフト券の買取業者の中には、法人が運営しているところと個人が運営しているところがあります。

どちらを利用しても問題ありませんが、個人よりも会社が運営しているところを選んだ方が安心して買取してもらえるでしょう。

個人だと振込スピードが遅れたり、対応が悪かったりする場合もあります。

ただ、サイト名が「amazonギフト券買取場」のようなものだと、会社とも個人とも取れてしまいます。

こういった時は買取サイトから「会社概要」を調べ、そこに運営元が株式会社であったら会社が運営している買取サイトとなります。

一方、会社概要が記載されていない、もしくは個人の名前しか書いていないという場合は、個人が運営しているサイトの可能性が高いです。

法人運営の方が信用という点で個人よりも勝ることは言うまでもありません。

個人情報保護は万全か?

amazonギフト券などの買取サイトでは、個人情報を保護する必要があり、お問い合わせフォームや個人情報を入力し申し込むフォームは基本的に暗号化がされています。

個人情報保護についてもきちんと考えられている買取サイトなら、安心してamazonギフト券を買い取ってもらえるでしょう。

個人情報がきちんと保護されているか確認するには、URLの左側に鍵マークが付いていれば保護されていることになるので、サイトを閲覧する際にぜひURLもチェックしてみましょう。

口コミを調べてみよう

比較した時にあまり違いがみられない場合は、買取業者の口コミを見てみましょう。

口コミには実際にその買取業者を利用して買い取ってもらった人の意見を見ることができます。

良い口コミばかりではなく、悪い口コミもチェックしておきましょう。

これは、良い口コミばかりが書いてある場合、ステマされている可能性が高いです。

できるだけ良い口コミと悪い口コミの両方を参考にするようにしましょう。

amazonギフト券の買取サイト選びは買取率だけではない

amazonギフト券買取サイト選びのポイント

amazonギフト券の買取業者の中から信頼できる買取業者を選ぶ時のポイントをいくつかご紹介してきました。

  1. 詐欺業者の存在
  2. 買取手数料はなるべく低い方がいい
  3. 振込スピード、銀行口座もチェック
  4. 運営元は法人がいい
  5. 個人情報保護は大丈夫か
  6. 口コミも大事な情報源

amazonギフト券買取サイトには詐欺業者が紛れ込んでしまう可能性もありますが、他の買取サイトと明らかに買取率が高いと疑わしい部分があります。

また、買取率だけではなく手数料や振込スピード、信頼できるサイトなのかも必ずチェックしておきましょう。

口コミ情報や実際に使ってみたレビューを投稿されているサイトも非常に有効です。

間違っても買取率96%、97%などのサイトは買取率を下げられて低い金額で換金させられてしまうかもしくは振込すらしない詐欺業者ですので十分注意しましょう。

優良買取サイトの見分け方も参考にしてみて下さい。

Amazonギフト券の現金化と優良店舗の見分け方

2017.10.30


必読!amazonギフト券換金方法【初心者ガイド】


amazonギフト券換金方法

初めてamazonギフト券を換金するなら読んでおきたい初心者ガイド

サイト選び、換金方法はこちら




amazonギフト券をすぐに買取してくれるサイト9選と4つのスピード買取テクニック【即日買取ランキング】


amazonギフト券をすぐに買取

即日買取ランキングから業者を探せる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください